スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

割れた爪の応急処置

大阪 高槻 ネイルサロン&ネイルスクール

NAILS GOOW

ストレスポイント・・・

上手く名づけたものです!

爪の一番割れやすい位置・・・

ストレスのかかる位置・・・


そんな、応急処置に

グルーはいけません!

グルーは!


とくにお客様の場合

次のサロンへ来るまでに

グルーなんか入れられたら・・・

亀裂の段差がより開くじゃん!


ということで、

次号のネイルUPでも

一般のお客様向け

爪の困ったときの対処法!を

担当させていただきました。


①割れ目、亀裂

これは、一番はバンドエイド!
2013031621230000.jpg

おぅとっとー

あの傷口に着ける

ガーゼ部分は最悪!

あの薬品で爪がヘロヘロに・・・

写真のように、

爪の油分をとったら

バンドエイドのテープ部分を

亀裂より一回り大きく切って

しっかり貼り付け

トップコート!

ジェルが割れても同じ!
(透明タイプのテープが最高)

割れ目が大きければ

テープを2層、3層くらいに。



グルーやアロンアルファは入れないで!

あっという間に切れるが引っ付いて

助かった~と思いきや


次に受ける水分、

衝撃で簡単に離れます。


そしてもう一度グルーを入れると・・・


どんどん亀裂の隙間が空く!


ネイルサロンへ行くまでの

応急処置はこれです!

あくまでも応急な処置。


だから、ネイルサロンへ

1本だけでもお気軽に!


私がサロンワークのころは

予約で席がいっぱいでも

1本の困った割れの時は


お客様も

私も・・・立ったまま10分で

お直ししたことも


ネイルサロンは

「きゃー!!爪が!
 生活に支障が!
 助けて~!」

と1本だけでも駆け込んでいただけるところ。


私たちは、

完璧なサロンワークも大切ですが

お客様が

おうちで自分でできる

その後に問題をきさない

いちばんいい方法を

お伝えすることも

大切な仕事!!


だと考えます


ネイルの理論授業では

こんな時にこそ使っていただける

基礎アイテムを

材料学とともに

お伝えしま~す!!
最近の記事
月別アーカイブ
Twitter
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。