スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンセプトを明確にしたクラスルーム

大阪 高槻 ネイルスクール&ネイルサロン

NAILS GOOW

昨日から、急に腰が痛くいて

垂直に立てない・・・・

三和田 恵 です

腹筋がないせいでしょうか・・・

脚を組んでパソコンをするからでしょうか・・・

腰が・・・痛い。


それはともかく

夜に車を運転すると

やたら、相手の車のライトがまぶしい!

「おい!ハイビームちゃうんかっ!」

とブツブツ言いながら運転する私。


そう・・・私が悪いのです

やたらと車高が低いのは…自分。


だから、だれも悪くない一般的な

車のライトの高さでも

ちょーまぶしい


そして、今度は旦那の車に乗ると・・・

よく相手の車にパッシングされる。


そう、うちの車のライトがまぶしい・・・と。



かなり、旦那の車は一般的より・・・

車高は高い!長さは長い!


う~ん・・・

みんな自分ベースで相手を見ると

こうして文句が出るもんだっ!


自分の定規で相手を図るなってことだわ~。

きをつけよ~とっ。





理論授業でも

基礎理論に基づき、持論を展開している私。

けっして私が正しい!と言っているわけではなく

持論です…

経験に基づく持論。
基礎理論に基づく持論。




だから、ジェルの持ちをうたうことをせず

無理に長持ちさせず

自然の体の摂理に従いたいと言ってます。



必ず爪に乗せたものはとります。

取るときに、爪をもっていかず

安全にとるには

装着の際の材料の「持ち」「着き」を優先すると

取るとき、必ず爪に負担がかかります。

どっちもいいってことは世の中無いんだ・・・と。


あとは、どっちのコンセプトが欲しいか

ネイリストが選ぶのではなく

お客様の爪が選ぶ・・・

すなわち、爪の専門家のネイリストが

お客様の爪やその他を観て判断し

その方の要望と状況に応じた材料を選ぶ

判断能力だ一番重要!・・・と思っています。


など材料が悪いとか、
いいとかではない…と思っています。



爪の材質とは全く違う材料を

不自然に持たせることをうたわず

楽しみながら負担をかけないことにコンセプトを置く


これがOPIのコンセプト


「持ち具合」「着き具合」を重視する日本と違い

「自然具合」「取れ具合」を重視するアメリカとの違いかな?


11月19日10:30
ネイルエキスポのクラスルーム

こんなお話を、

またまた弾丸トーク!

OPIの製品説明の場ではありません。

OPI製品を通じて、各メーカーが支持する方法には
すべて理由があることをお伝えしたいです!




お客様のために・・・とうたう日本。


これはもちろん当たり前ですが

エコでは日本より数段進んでいるアメリカを

製品開発研究、製造の拠点に置くOPIでは、

まず生活環境とネイリストのために

そしてそれが回りまわって

お客様のために…となることを


製品をとおしてお伝えできたらな~と思います。



ニオイのでないアクリルシステムクレアテ

持つことよりも、取る心配のないこと

タイム イズ マネー であること

気分を高め楽しめることをうたう

ジェル「ジェルカラーバイOPI

この二つを通じて

なぜなぜトーク炸裂!


その工程はなぜ?
それを使うのはなぜ?


ここに迫ります!!

ぜひぜひ、ご参加くださ~い

無料!無料!・・・タダぁ~

一番前の席は・・・・

私のツバが飛びますのでご注意!


爪の専門家として

自分のコンセプトに合った商品・製品・メーカーを

見つけるためにネイルエキスポの

クラスルームやブースへの参加は重要!


自分探しにご来場くだされ

最近の記事
月別アーカイブ
Twitter
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。