スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

病院の大切なこと

もうすぐ梅雨

6月に入りました・・・・

息子の入院も13日目となりました。

集中治療室は出ることができましたが
まだまだ一般病棟ではなく、

ナースステーション前を陣取っています。

看護師さんには
男性も多く、

ここは救命救急センターですので
みなさんドラマの江口洋介と同様の

青い上下の服装に
赤のストラップの電話を下げています。

誰が先生で、
誰が看護師さんか・・・
わからないのですが

みなさん、本当に・・・・
穏やかで優しいです。

心から頭が下がります。


警察官の方のお話しですと

ここは生命の危機のある方しかいない・・・

だから、重症者しかいない・・・

なので、患者はもちろん家族に対しても

メンタル面に気を付けている

…そう伺いました。


傷はもちろんですが
やはり精神的なものは
本当に大きいものです。

本人はもちろんですが
その家族の心情は本当につらいものです。

傷の治療とともに
メンタル面のサポートも考えている病院に
運んできていただいた幸運に感謝します。




今、何とか自力で
食事をしようとしています。

リハビリじゃ!・・・と言いながら
手を出したい気持ちを抑えてみています。

「お母さん、ご飯食べるって
 こんなにしんどいねんな・・・」

「食べれるありがたさを
 思い知れ!」

こんな会話で、食事はわずか数分。

昼からの授業が始まる前の
ほんの10~15分

授業が終わってからの
ほんの10~15分

マサキの顔を見に病院へ走る毎日。



さ~日曜日からは理論授業スタート

月曜日からは、名古屋、東京などの
出張仕事
外部でさせていただく理論授業

すべてが開始!

蓄えたラクダのような脂肪で頑張ります!

TATさんでさせていただく理論授業も
一般申し込み前のネットご予約で
満席状態になりました!と

先ほど連絡をいただきました!

ありがとうございます!


悲しんで、おちこんでいる暇もなく!

元気に回復しつつあるマサキの顔を見て

みなさんに喜んでいただける授業を

できるようがんばりま~す!
最近の記事
月別アーカイブ
Twitter
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。