FC2ブログ

JNA認定講師資格試験・・・受験

来る2月15日は、第21期JNA認定講師資格試験が東京で開催。

当校からも、マスターズコース在籍者が数名受験されます。
そんな試験前最後のマスターズの授業が昨日。

最終の実技試験内容はもちろんですが
私から渡されたのは
「涙の高校受験秘話」・・・というA4コピー用紙にいっぱいに
私がパソコンで打ち込んだお話。

これは私がもっとも尊敬する進学塾の先生のお話と
いつも馬鹿を言い合いますが、尊敬する同級生の実話を
ミックスしたお話。

理論⑤が2月10日にありますが
その授業でもお渡しします。

認定講師を受験される方々は、2級1級とは違い
受験ということから、年齢的に遠くはなれた方ばかり(失礼!)
そんな受験生にとって、試験への準備、そしてその緊張感・・・というのは
半端なものじゃありません。

社会経験が豊富になればなるほど、試験への緊張感は増します

そんな当校の大人な受験生の方々に
受験の意味と、晴れて講師となり、これから活躍される
にあたり、ぜひ感じて欲しいことをこの4枚に託しました。

ネイルサロンに立つのは、10のうち7位知っている状態でも可能。
でもスクールに先生として立つ場合は、必死にお金を貯めて
受講している皆さんに対し、5のことを教えるなら
20くらいの準備で備えなければ、対処できません。
(これ自分自身にも言い聞かせてます・・・・)



サロン経営している卒業生から、いろいろメールで質問を受けた際
「その答えをストレートに教えて上げることは簡単
でもそうすると、また似たような問題に直面したときに
また私に聞かないと前に進めないよ。
私が死んだらどうやって、対処すんのよ
まずは基礎を知って、応用してわからなければ助けて・・・・と
いっておいで。」
よしよし、するのが愛情ではないはず
きっとわかってくれる・・・と答えました。

彼女は、自分のネイルサロンだけでは、基礎をみっちりやる
理論の授業料が捻出できないので、別に夜アルバイトをして
次回の授業料をためるそうです。

「もう授業料いらんよ・・・・」のどの先まで出る言葉をおさえ、
「待ってるで・・・」

他の生徒さんも言わないだけでキット、そんな思いで
授業料をためて捻出してきているはず。
だからみんな平等

肝に銘じ授業を行ないます

スタッフの方も、本採用になれば、お休みこそ利用しますが
仕事として必ず最低1クールは理論授業に出ていただきます。
受講生はこんな状態で出席しているということを肝に銘じ
しっかり身に着けて、お客様へ活かして頂きたいと思います。

学生時代、大嫌いだった勉強が
大好きなネイルの事となれば、楽しくてしょうがない

だから、勉強しない、勉強できない息子も
きっと好きなことを見つけると、こんなに変わるんだろうから
やいやい言わず、見守りましょうかのう・・・・・

そういや、私。両親に馬鹿で勉強しなくとも
勉強せいといわれたこと・・・・なかったな・・・・
ありがとう

とにもかくにも、受験生!
風邪引くなよ
最近の記事
月別アーカイブ
Twitter
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
QRコード
QRコード